トップページ卒業生の声 > 卒業生の声 13

RSS Feed Widget

赤門塾SNSはこちらから

facebooktwitterinstagram

OB会のご案内

赤門塾シンポジウム

「視野を広げたい。」将来の目標が定まっていなかった高校生の私は、そんな漠然とした気持ちで教育学部に進学を決めました。教員にはならず、就職活動をしてIT企業に就職、プログラマーとして勤務しました。しかし、人との会話が皆無という状況での勤務に限界を感じ、転職活動を始めました。
元々興味のある職種がありましたが、採用には至らなかったため、考え方を変えて地元での就職を目指し、大和ハウス工業に入社しました。現在の仕事では、他の社員に頼られたり感謝されたりするとやりがいを感じますし、自分発信のアイデアを業務に活かすこともできます。
転職を経験した私が後輩の皆さんに伝えたいのは、「何事も経験だと思って挑戦して欲しい」ということと「経験から学ぶことが必ずある」ということです。私はIT企業で働いたことで、人と接する機会が少ない業種は向いていないと認識できました。一方、情報機器について多くの知識を得られたことは、今の仕事においても役立っています。行動にうつさなければ分からなかったことです。後輩の皆さんの中には、文理選択や受験科目の選択が自分に合っていないと感じている人もいると思います。そんな時は思い切って方向転換しましょう。これまでの積み重ねが無駄になることはありません。チャレンジ精神を持って様々なことに挑戦し、納得のいく人生を歩んでください。