トップページ卒業生の声 > 卒業生の声 16

RSS Feed Widget

赤門塾SNSはこちらから

facebooktwitterinstagram

OB会のご案内

赤門塾シンポジウム

三原:三人が集まるのは久しぶりだね。
藤井:本当に久しぶりだね。OB会があるから定期的に会えるね。
:赤門で勉強していた頃を思い出すね。
塾長:卒業して9年になるのか。みんなは授業で何が印象的だった?
:私は塾長の個別指導です。みんなが退出した後もマンツーマンで教えてもらったな。
三原:数学の細かい証明も英語の和訳も、自分で解答を書ききるまで終われなかったね。
塾長:解答を読んだり、板書を写したりするだけで力はつかないからね。
藤井:僕は一斉指導がよかったな。特に英語は、早い段階から受験を見据えた土台作りをしてくれたおかげで、受験期に成績が伸びたと思う。
塾長:英語・国語は長文を読み解くために文法事項の理解が必須。だからこそ、最初にしっかり勉強しておく必要があるんだよ。
藤井:どの教科でも「なぜそうなるのか」を解説してもらった印象はありますね。似ているのに本質的には違う問題を何度も出されたことで、本質を理解する大切さが学べました。社会に出た今も、曖昧ではなく深い理解まで達するように心がけています。
三原:「単なる知識」ではなく、数学の公式そのものの意味や英単語の覚え方など、「知識の整理の仕方」も教えてもらったな。そして、それを表現する力を養えたのは非常に役立っていると思う。
:受験勉強を通じて得たものが社会に出てから役立っているね。